対談 / Doctor Voice

院長 松川真敏

 

+治療において何かポリシーはありますか?

患者さまにとってのベストを常に考える

そして自分の身の丈を知ることです。

 

患者様のベストを見つけ出すためには、

患者様の「本当の声」をしっかりくみ取らなければ

なりません。

単に治療するだけであれば、今まで培った経験・知識で

対応は出来ます。

しかし、それでは歯科医師の自己満足の治療でしか

ありません。

患者様があってこその治療です。

院長1

 

患者様の本当の声を何気ない会話からしっかりくみ取り、それに我々歯科医師の経験・知識を組み合わせ、可能な限りその声に近づけること。

これが大切です。

 

 

そして、自分の身の丈を知る。

 

自分の手にあまる症例であれば、他の専門の先生を紹介します。

歯科医師によっては、患者様を手放したくないので、とりあえず「できます!任せて下さい!」と言っておきながらあとから「どうしようかな・・・・」という方も存在します。

 

患者さまは実験台ではありません。

 

 

+先生の専門分野は何でしょうか?

インプラントや口腔外科です。

中でもインプラントに関しては長年の実績があります。

 

 

+なぜ、インプラントを追求しようと考えたのですか?

インプラントには今までの治療にはなかった新しい可能性を感じたのが大きかったです。

おそらくこれは患者さんにとってプラスの治療になるだろうし、歯科医師にとっても今後必ず必要となると感じました。

 

その必要性から、インプラントの本場スゥェーデンに留学し、そこでインプラントの世界的権威であるクリスターソン先生のもとで10年ほど師事しました。

 

この先生と出会えたことが私の転機でした。

出会えていなければ今ほどインプラント技術を

追求していることもなかったかもしれません。

また、この経験があったことで、今はスウェーデンに

限らず、何か新しい技術が発表されれば、

アメリカだろうがどこだろうがとりあえず学びに

行こうという姿勢も身につけたことも大きかったですね。

院長2

今は技術的に先生から学ぶことはないですが、患者さんに対しての接し方などは今でも勉強になります。初心に戻れる(身が引き締まる)。

先生はもう80歳になっていますが、私が今でも目標とする先生です。

手術中に突発的なアクシデントがあった時は、その先生の顔を思い浮かべて冷静に対処することもあるくらいです。

「この状況ならあの先生はどうするだろう・・・・」と。

 

 

+現在、日本のインプラント事情をどのように感じていますか?

インプラントの認知度が歯科医師、患者様ともに上がってきていると感じます。

しかし、その半面、インプラントに関するトラブルは10年前とくらべて圧倒的に増えてきているのではないでしょうか。

 

なかには経験・トレーニングをしていないでインプラント手術をやってしまう歯科医師も存在しており、良い医師・悪い医師が混在しているのが現状だと思います。

 

患者様が歯科医師の本当の実力を見極めるのは正直難しいと思います。

ですので、1つの基準として、「治療前の説明や、治療後の対応をどこまでしっかりやってくれるか」を1つの判断材料として頂きたいと思います。

 

なぜならば、歯を失った際の選択肢はインプラントだけではなく、入れ歯・ブリッジという治療法も存在し、患者様のお口の状態、経済面、お気持ちにより、どの治療法が患者様にとってベストなのかは変わってきます。それぞれの治療法のメリット・デメリットを事前にしっかり説明してくれ、患者様の現状を総合的に判断してくれているかどうかを1つの判断材料にして頂きたいと思います。

 

また、インプラント治療は治療後のメンテナンスが非常に大切となりますので、治療後のメンテナンスサポートをしっかりやってくれるかも1つの判断材料にされると良いと思います。

 

少し話が変わってしまいますが、最近は激安インプラントをうたい文句に患者様を集めている歯科医院が存在します。

医院を選ぶ際、当然「費用」は大事ですし、安い方が良いに決まっています。

 

しかし、「費用」を第一優先にして頂きたくない。

 

なんでもそうですが、安いにはそれなりの理由があるものです。

安い値段だけにつられてしまい、最終的には患者さんの不利益になってしまうのではないかということを危惧しています。

 

インプラントは身体に入れるものですので、「安い・早い=良い医者」と考えるのは安直です。「安全・確実」を優先に考えるべきであると私は考えます。

 

 

+最後に読者に一言をお願いします。

歯科医療とは、患者様に喜んで頂けなければ

価値のない仕事だと考えています。

そのためには、医療に携わる人間として当然のこと

ですが、日々研鑽し、正しいジャッジをすること。

そして患者様に正しい情報をお知らせすること。

これが大切。

 

本当の歯科治療を求めている患者様。

おこがましいですが、当院ではその体制が整っています。

お気軽にご来院ください。

院長3

 

 

 

 

ドクター 加藤努

 

+この仕事をしていて嬉しい瞬間は?

ありきたりですが、患者さんの笑顔を見れた時です。

皆さんもそうなのではないですか(笑)

 

お口の状態が悪く食事があまりとれない方などが、

当院でインプラントや入れ歯などを入れることにより、

笑顔が素敵になったり、食事が食べられるようになって

ふっくらとしてくるのを見ると、

「あぁ、自分は誰かのためになっているんだな・・・」

としみじみ実感できる時がうれしくもあるし、

この仕事を選んでよかったなと思える瞬間ですね。

加藤1

 

 

+ソフィア歯科に勤務することになったきっかけは?

もともとは他の医院で勤務していて、そろそろ開業しようかなと思っていたんですが、大学の先輩に松川先生(ソフィア歯科クリニックの院長)を紹介され、何回か診療やオペを見学させて頂きました。

その時に、「まだまだ自分は未熟だ」と感じましたね。患者様の接し方から治療技術まで他の歯科医師とはレベルが違ったのが印象的でした。

 

この経験から、開業するにはまだ早いと痛感し、先生のもとでもう一度1から修業させて頂こうと思い、ソフィア歯科クリニックに勤務しました。

 

 

+こだわり・ポリシーなどはありますか?

妥協はしたくない」。

 

妥協は自分自身の後悔にもつながりますし、患者様の予後にも関わってきますので。

この考えは松川先生も同じですので、非常に仕事がしやすいですし、尊敬する部分でもありますね。

 

 

+今までの歯科医師人生で印象に残っていることはありますか?

前の病院での話ですが、沖縄の南大東島に歯科医師として行くことになったときのことが印象的ですね。

そこには1年ほどいました。都会の歯科医院とは違い、島には私が勤務する歯科医院しかなく、ドクターも私一人だけでした。歯科衛生士さんや歯科助手さんもいるわけでなく、非常に大変でしたが、島の方々のお口の健康を私一人でうけもっているという責任感と充実感がありました。

限られた人員・材料・機材の中で様々な症例等を経験したことが今の私の糧になっていると思います。

 

また笑い話ですが、そこでは伝統行事で相撲があったんですよ。

毎年「横綱」を決めるのですが、正直、私は若いころはアメフトもやっていて体には自信がありましたので(実際お会いすれば「見た目」でわかります(笑))、横綱を狙っていましたが、上には上がいることに気づかされたのも1つの収穫でした(笑)。

 

 

+休日は何をされていますか?

娘1人と息子1人がいるのですが、一緒にどこかに

行っています。

デズニーランドによく行くのですが、子供よりも私が

楽しんでしまって、嫁さんに良く怒られます(笑)。

「あんたが楽しんでどうするの!」と・・・(笑)

でもせっかく来たんですからね、楽しまないと

もったいないじゃないですか。

加藤2

また、たまに料理もしますね。こう見えても結構うまいんですよ。

ローストビーフとか、カレーとか、中華とか作りますね。

やるときはかなりこだわりますよ。

 

 

+他院と比べたソフィア歯科クリニックの良い部分は?

以前勤務していた医院では、とにかく患者様を「捌く(さばく)」という経営スタイルでしたので、しっかり一人の患者様を見ることが出来なかったのですが、ソフィア歯科では「一人の患者様をじっくり診る」とうスタンスですので、しっかり患者様の声を聞くこともできますし、治療もしっかりすることができています。

 

また、歯科材料をしっかり厳選した物を使っていることも特徴的だと思います。

やはり、いくら治療技術があっても、しっかりした歯科材料を使わなければ治療の質がどうしても落ちてしまいますので、この姿勢は非常に感心しました。

 

 

+ソフィア歯科クリニックを一言で表現すると?

しっかり、きちんと治療をしている」ということですね。

 

当たり前のことかもしれませんが、この当たり前のことをするのが一番難しいのではないでしょうか。

 

当院では予防プログラムが確立しております。

これは患者様ごとに担当するスタッフが決まっており、

しっかりデーターを取り診療に生かすプログラムです。

これにより患者様の「今」がわかり、

今後どうなるかまでも予想できますので、

的確な治療、そしてアドバイスが可能となりますので、

患者様のお口の健康維持に貢献することができます。

加藤3

このプログラムの存在からも、当院の「本気度」が伝わるかと思います。

 

 

+最後に読者に一言をお願いします

妥協はしません!!

どうぞ安心してご来院ください!

 

 

 

 

 

麻酔専門医 松本玲子

 

+この仕事をしていての「やりがい」をお教え下さい

幾つかありますが、患者様の「とても楽だった」

「安心だった」等の言葉を伺う事ができた時ですね。

また、リスクの高い患者様ならば、担当ドクターが

安心してオペに集中できるよう、その時々の侵襲を

予測して麻酔の深度をある程度コントロールしていく

のですが、患者様の状態や症例によってそのコントロール

は違うものですから、専門家ならではのやりがいはあります。

松本

 

 

+「こだわり」がありましたらお教え下さい。

手術中は出来るだけ患者様と「手を繋いでいる」ようにしています。

これは、昔お世話になった麻酔の教授から教えて頂いた事で、その当時とても素敵な作法だと感じたことがきっかけで、私の1つのこだわりとして今も続けています。

 

松本2

 

患者様の顔には布がかかり視野が遮られていますし、器械が口に入って話にくくなりますので、腰や首等に痛みを感じたり、トイレががまんできなくなったりした時に手を強く握って頂く事にしています。

 

麻酔医になりたてのころは、手をつないでいると自由に動けないこともあり、握ると音のでるマスコットに何度か変えようかと思ったこともありました。

でも、患者様から「先生の手を感じて安心して眠れた」等のお言葉を頂いてしまうと、今更後には引けなくなりますよね(笑)

 

 

■静脈内鎮静法に関して、何か読者に伝えたいことはありますでしょうか?

静脈内鎮静法とは、胃カメラ等でも使用する安全で副作用もない麻酔法です。

今まで歯科治療が怖くてできなかったり、持病があって治療ができるか不安だったりする方は、一度ご相談いただけたらと思います。

 

 

■最後に読者に何か一言をお願いします。

お口の健康と全身の健康は密接に関係しています。

私が治療に立ち会う事で患者様に快適な治療が提供できればと思っています。

 

 

 

矯正専門医 加治初彦

加治先生

詳しくは「矯正歯科」をご参照ください。

 

 

歯科技工所 デンタルデザインベイシス

デンタルデザインベイシス

詳しくは「インプラント」をご参照ください。

 

 

浦安市、西葛西、葛西、行徳、南行徳、千葉県
歯医者|ソフィア歯科クリニック
インプラント、審美歯科、ホワイトニング、歯周病

土日も診療 浦安駅南口から徒歩1分 駐車場完備
千葉県浦安市北栄1-13-25
西友新館2F
047-355-5770